ほどほどに映画好きのためのサークルHEC

新聞記者

新聞記者

映画は映画館でと決めている自分としては、今は名画座しか無いかな?と
思っていたのですが、
TOHOシネマさんでアンコール上映してくれていたので
早速拝見させていただきました。

重厚なテーマではありますが、徐々に引き込まれてゆきます。
真実を追う女性新聞記者と、組織という歯車の中で自我をどの様に
押し殺してゆけば良いか
考える男性の葛藤の物語ですね。
二人の対比がそれぞれの立場をより深く表してくれます。
日本アカデミー賞最優秀作品賞も納得の作品です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »