ほどほどに映画好きのためのサークルHEC

二人の世界

二人の世界

原作者の作品に対するメッセージが、
どういうものなのか分かりませんが、
自分だったらこの男性と同じチョイスは出来ない様に思う。
彼女を一人にしてしまう事が凄く心配だし、
その
彼女を幸せにしてあげられなかったという部分が
とてもとても心苦しくて、人知れず泣いてしまうかもしれない。
そもそも居なくなった翌朝には仕事を捨てて、
新幹線に飛び乗って大阪に向かっている気がします。
自分には夢もお金も名誉も必要ないと思ってます。

 

ところで話は変わりますが、以前会社の女の子に
「愛とお金のどちらが大事かって言ったらやっぱり愛だよね」
と言ってみたところ
「お金に決まっているじゃないですか!
 愛では生活は出来ないのですよ!」
と一喝されてしまった。
まだまだ自分の考え方は甘すぎるのかもしれない(笑)

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »