ほどほどに映画好きのためのサークルHEC

未分類

オールド

緊急事態宣言で、ずっと旅行をしていなかった事もあり
久々に南の方に行った気分にもなりました(笑)
やはりどんなシチュエーションでも
一番怖いのは人間かもしれませんね。
仮に少年が大人になった姿がムロツヨシさんだったとしても
何も違和感なかったかな?と思います。

 

狐狼の血 LEVEL2

複雑に絡み合った人間模様の中で、
それぞれの思惑と駆け引きがみられます。
前作の設定から3年が経ち、すっかり貫禄のついた日岡刑事こと
松坂桃李さんもとても良かったのですが
今回は何と言っても上林役の鈴木亮平さんの迫力が桁違いでした。
日本の映画でここまで迫力ある作品を作れるなんて、正直驚きでした。
かなり暴力描写が激しい作品ではありますが、個人的には今年のベスト1です。

 

ドント・ブリーズ2

あの爺さんが帰ってきた。
前作では
爺さん、可哀そうに・・・
頑張れ、爺さん。
爺さん。それはやりすぎだろう。
もうやめてくれ、爺さん。
ってな感じで展開していったが、
やっぱり今回も主役は爺さんだ。
最初に爺さんが叩きのめされてから、
立ち上がるのだ。

というと善人vs悪人の勧善懲悪的な映画に感じるが、
どうしても主人公に感情移入は出来なかった。
何故なら主人公が爺さんだからだ。

プロミシング・ヤング・ウーマン

人間ってものは周りに流されてしまいがちではありますが
自分の信念をしっかり持って立ち向かってゆく様は、ある意味素晴らしいと思いますし、
なかなか出来る事ではないと思います。
最後は因果応報という言葉がピッタリの様に感じられました。

 

死亡遊戯

ブルース・リーの代表作の1本です。
とにかくテーマ曲がカッコ良くて、ボクシングの辰吉丈一郎さんも
入場テーマ曲として使用していたのを思い出します。

さてこちらの映画は勧善懲悪的なストーリーで、シンプルで
非常に分かりやすいと思います。

ラストシーンでは五重塔を登って行き、各階に待ち構える格闘家を
順番に倒してゆくという、
格闘技好きにはとてもしびれる展開です。

その格闘シーンをあらためて見てみると
大男のハキムとの対戦では、
何と肩固め
から変形のチョークスリーパーで締め落としております。

1978年の映画ですが、現代のMMAにも
通じるこの動き、さすがリー先生。

まだまだたくさんの作品を観たかったですね。

 

 

 

クワイエット・プレイス 破られた沈黙

なるほど、全てはここからスタートしたのか!
というシーンから始まります。
とにかく音を立ててはいけないというドキドキ感がたまらないですね。
実際の映画館の中でも絶対音を立ててはいけない様な
不思議な緊張感に包まれながら観てしまいました。
もし次回作もある様なら楽しみにしてます。

 

八つ墓村(1977年版)

幼少の頃、TVで鑑賞してトラウマになりかけましたが
神保町でリバイバル上映されているという事で早速観て参りました。

戦国時代から現代に繋がる壮大な物語ですね。
多治見家の御屋敷もスケールがデカいですし
今作品で重要な位置付けとなる洞窟も
何とも言えない恐怖感を広げていると思います。

山崎努さん、小川真由美さん、萩原健一さんの演技も素晴らしかったですし、
渥美清さん演じる金田一耕助が、何気に心安らげる存在だった様な気がします。

 

 

狂猿

プロレスラー葛西純さんのドキュメンタリー映画ですね。
ずっと楽しみにしており、初日の舞台挨拶上映で鑑賞致しました。
プロレスの中でもデスマッチとは特殊なジャンルでありますが
その中でも葛西さんは第一人者です。
ここまで人を引き付けるのは人間的な魅力が大きいのだと思います。
普段何気なく見ておりますが、実は葛西さんを超えるデスマッチファイターは

今後現れる事は無いのかもしれません。
プロレスでマイホームの夢、心より応援しております。

 

 

 

ノマドランド

全てが自己責任の世界。
誰かに文句や愚痴を言うこともなく、日々職を求めながらの生活。
本来生きるとはこうゆう事なのかと思います。
一見自分一人だけで生きている様に見えても、やはり心の奥底では、
他人との心の交流を求めている様な気がします。

お勧め出来る生き方ではありませんが、
家に引きこもっているよりは何十倍も素晴らしいと思います。
主人公のファーンが凄くチャーミングで、微笑ましく見えました。

 

 

 

ミナリ

そもそも日本では馴染みのないシチュエーションかもしれません。
家族と言っても性格や考え方もそれぞれ違いますし、
当然意見の相違も出てきます。
更に慣れない地での様々なストレスもあり、
衝突もたくさん出てきます。
そんな状態でも最終的には皆で協力し合って、最後には
心が一つになれた様な気がします。

家族とは何か考えさせられる、心温まる作品でした。